So-net無料ブログ作成

ミンミン爺の眠りのお話;第12話夜勤の人に下痢が多い? [眠りのメカニズム]


ミンミン爺の眠りのお話;第12話夜勤の人に下痢が多い?
 
夜勤をすると下痢になるのはなぜだろう?
人間にはたくさんのホルモンが働いて体の働きを助けています
なかでも成長ホルモンは体の細胞を再生・活性化させ、
体内で免疫や抵抗力を高める物質をつくる働きをしています
この成長ホルモンは寝ている間にしか分泌されません
しかも夜10時から14時ころまでに深い眠りをとらないと
充分に分泌されません。
寝ている短い間に体のダメージを回復する機能回復を行います
夜勤勤務をする人たちは成長ホルモンによる胃腸を
修復する機能が働かず、下痢が多くなってしまいます。
宮崎正一郎著;【万病を防ぐ眠り方】より
 
 
人は寝ているうちに胃や腸をきれいにお掃除しているんだって!
そして昼間食べたり、飲んだりして痛んだ箇所を修復してくれるそうじゃ。
ありがたいことじゃな
だから、眠る前少なくとも2時間以上は飲食しないほうがいいんんじゃ
ところが、仕事やお付き合いでどうしても夜遅くに食べたりしてしまいがちじゃ
極端に午後4時以降は食べない健康法を提唱する先生もいるんじゃよ
矢上裕著【自力整体で熟睡・快眠」
さらに矢上先生は寝るときは空腹が一番といわれます
・・・「胃や腸の修復作業は空腹でないとできません
消化のために血液が使われ、修復に回すことができなくなります
「寝ても疲れが取れない」【朝起きるときにすっきり感がない」という人は
寝る前に胃の中に食べ物を入れていないかチェックしてみましょう・・・」
 さらに続けて、眠ることで痩せるとも言っています。
…「眠りにはダイエット効果もあります。
ただし空腹で眠りに就いた人だけにです。
夜の食事で吸収された栄養は糖分に変えられ
必要な分だけ血液に残し、あとは
インスリンの働きにより脂肪【特に脇腹)に蓄えられます。
そして、血液の糖分は、睡眠中に行われる脳の整理作業や
内臓の修復など様々な活動によって使われます。
そして、深夜の3時ころに血液中の糖がなくなり
糖が底をついた状態になります。
 朝起きるときには脳が糖分を欲します。
そこで、午前3時から日の出までの睡眠の後半部分になると
「コルチゾン」というホルモンの働きにより
栄養が蓄えられている脇腹の脂肪を溶かして糖に変え
血液を糖分で満たします。
 この時、大量の脂肪が燃えるのでダイエット効果があるのです。
ひと晩でウエストが数センチも細くなった人の例があります
夜遅く糖分の多い食事をしている人にはこの効果は起こりません。
脂肪が燃えず、積み重なって太ってしまいます。
 本当は、起きたときに満腹感があるはずです。
このメカニズムからいくと、本当は起床後は食事の後と
同じくらい満腹感があるはずです。
満腹感は血液中の糖分の量で感じるものだからです。
脂肪が溶けて糖分に変わっている朝は、
血液が高血糖になっています。
朝起きておなかがすいているというのは」、
・・・「+A54:A65胃や腸の修復作業は空腹でないとできません
でも、朝起きたとき空腹感がある人がたくさんいます。
そのような人は眠りきれていないのでしょう
血液中に糖分が供給される前の低血糖の状態で
起されているのではないでしょうか?
 眠りきるということは、血糖値が上がり満腹状態に
なることなのです。
 気持ちの良い自然な寝起きは、
からだ中にエネルギーが満たされ、
至福感に満ちているはずです。
 あなたは起きたとき至福感に満ちていますか?」
以上矢上裕先生著「自力整体で熟睡・快眠」より引用
 
長い引用になってしもうたジャワ
もうすっかりみんな寝てしもうたわ
むりもないのう!
でも、この子供たちの眠りが一番自然なんじゃろ~~?
いい寝顔をしているわいなあ。わはははは
おっと、起してはいかんぞな。。。しいーしー
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0