So-net無料ブログ作成

眠り物語第一話;どうしてひとはねむるんじゃ? [眠りのメカニズム]

今日から始まるミンミン爺さんの眠り物語だよ

どうしてひとは眠るんじゃろうか?

昔々、ひとがまだ洞窟や穴倉で生活してた頃はじゃのう

夜になると暗くてなあ,身を守るためにじゃ洞窟や穴倉などに

隠れながら明るくなるのを待ったもんじゃ?

暗くてなんもできないからのう、寝ているしかなかったんじゃ?

と言ってもわしがそれを見ていたわけじゃないがのう・・・・・

でも今なんぞはもちろんじゃが襲ってくる猛獣はいない・・・

身を守ってくれる【家」があるしのう・・・

明かりも昼間のようにキラキラしているじゃないか・・・・

昔のように閉じこもらなくてもよいのにのう、なんで?夜は眠るんじゃ!!

おぬしらだって、よく言っているでゃないか!

まだ眠くないもん!!てな。


実はじゃな!これはじゃなミンミンじいも本で読んだお話じゃがな

ひとには生命のリズムと言うものがあるんじゃそうだ。

24時間くらいのリズムで一日を過ごしているんじゃそうだ

朝明るくなると、一日の活動を始める準備をし

昼間暖かくなると体温も上がり活発な活動ができるようになり

夕方暗くなり始めると、体温が徐々に下がり

一日の疲れをいやし、明日また頑張れるように

体と心の休息を採っているそうなんじゃ!

この休息が寝ている時間になるそうじゃ!

だから、ひとが眠ることはごく自然な現象であってのう

眠るの嫌だあと駄々をこねるほうがほんとうは自然じゃないんだな

お前たちだって眠るのやだあ!!!とか言いながら・・・・・・

眠い目をこすっているじゃろう・・・・・・

自然と体や心が休息を求めて、眠らしてえ==と要求してるんじゃな

だからひとは眠らなきゃいけないんじゃ!


もし、眠らなかったらひとはどうなってしまうと思う?

アメリカで1964年に大学の先生が指導して、高校生を使った

眠らない実験をしたそうだよ。

もちろん監視付きだよ、ちょっとでも眠れないんだゾウーーーーー

どのくらい頑張れたと思うかい?

なんと11日間 264時間眠らなかったそうだよ。

でも大事なことは、4日目には体が震えだし、無表情になりはじめたそうだ

11日目には命の危険さえ危ぶまれたとか・・・・・

眠らなくていいなあんて言ってると・・・・しんじゃうんじゃぞ!!

最近、眠れなくて病気になってしまう人が増えてるんだって

うつ病が代表的な病気じゃがな、なんと000000人になっているそうじゃ

「ツレがうつ病になった」と言う映画を見たけど

怖い病気じゃぞよ。

宮崎葵ちゃんと堺さんが好演してリアルな患者さんと

その奥さんの苦しみを垣間見たもんじゃ


眠るということがひとにとってこんなにありがたいことなのかを

改めて知った映画だったんじゃ

お前たちはまだ小さいから夜の11時ころまでそんな映画みとれじゃろが

ミンミンじいはついぞ見てしまってな・・・・・

その日は寝そびれてしまったわ。わははわははは・・・・・・




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0